カーライフ

乗りつぶしたハイエースも買取業者次第で値段が変わってきます

ボロッボロのハイエースも国外じゃ現役バリバリなのは事実。

30万km超えた過走行車であったり、20年落ちの古いハイエースでも、それを必要とする国々があることはご存知でしょうか。

いくら周りが「廃車じゃないか?」と言っていても他の国で使われる可能性を秘めています。
他の国で使われる、つまりあなたから買い取られるということです。

販売業者から「ウチで買ってくれたら今のハイエースは廃車代なしの無料で引き取りますよ」なんて言われてませんか?

ここでは廃車という選択肢を一旦置いていただき

  • なぜ乗りつぶしたハイエースが他国で売れるのか
  • どこでどう売るべきなのか

という所を解説させて下さい。



 

ハイエースの寿命

ハイエースは事業で使われることがほとんどなので、他の車に比べて走る距離が多いのは当たり前ですが、それを抜きにしても長持ちするため20万kmは走ります。

日本国内で使用されているハイエースは恐らく30万kmくらいまでがほとんどでしょう。
それ以上走ってる車両もありますが、車検を通し続けることが難しいためあまり多くは見かけません。

なので日本では20〜30万km
この辺が限界値と考えていいでしょう。

この「日本では」というのが今回の記事の重要な部分に繋がります。

 

ハイエースが廃車にならない理由

日本国内でお勤めを終えたハイエースのほとんどは、アジアの発展途上国に売られて行きます。
そしてそこには車検という制度がない国もあることはご存知でしょうか。

車検がなければ物理的に走らなくなるまで乗ることができるわけです。もちろん整備は必要ですが。
言ってしまえば、ここで言う発展途上国で乗られるハイエースの30万km超えはまだまだ現役バリバリなのです。

このことがハイエースが廃車にならない大きな理由の1つと言えます。
ではもう1つの理由はなんでしょう。

それは、ハイエースの構造が見た目に比べてシンプルだということです。

機械というものはパーツが少なければそれだけ壊れにくいものです。
古い電化製品を長いこと使い続けている人もいますよね。

逆にパーツが多ければ動作の精度は高くても故障するリスクが上がったり、作りが複雑なため修理も大変です。
なので、よりシンプルに作られたハイエースは故障しにくく、修理もしやすいから海外からも人気が絶えないのです。

ここまで読んでいただけたらハイエースを廃車にするという選択肢は完全に消えたのではないでしょうか。
そうすると次の選択肢は売却する相手ですね。

 

乗りつぶしたハイエースはどこで売るのが得か

答えは間に業者を挟まずに売ることができる会社です。

そういう会社は他社より買取価格が高いのを売りにしています。

私がお勧めするのはボロボロエースカウカウ

当然ですが車が輸出されるまでの間に業者を挟めば挟むほどあなたの手元に残る金額は低くなりますよね。
なので買い取った業者がそのまま輸出できる能力を持っている必要があります。

日本全国対応可能で、どんなに古くて過走行でボロボロでも大丈夫です。
一括査定とは別物なので連絡が殺到することもありませんし、一度申し込んでみるのもありだと思いますよ。

あなたのハイエースがまた別の国で活躍することを願っています。

 

 



-カーライフ

© 2021 GOELIFE Powered by AFFINGER5