生活

エネキー(Enekey)のデメリットとは?使ってみてわかったこと

こんにちはGOEです!

2019年7月からエネオスで使えるようになったエネキーについてご存知ですか?

年会費無料、手持ちのクレジットカードを登録するだけで簡単に発行でき、その後の給油がとても楽になるというモノですが果たして良いことばかりでしょうか?

今回はそんなエネキーについて詳しく解説しつつ、あまり紹介されていないデメリットを書いていきたいと思います。

ちなみに私はデメリットを知った上でもエネキーを発行する価値は十分にあると思います。

エネキーとは

エッソ/モービル/ゼネラル
こんな名前のガソリンスタンドを知っていますか?

もうすでにエネオスと合併してしまい、その名を国内で見かけることはなくなりましたね。
以前これらのガソリンスタンドで使用されていたSpeedpassという端末があります。

スピードパス

そしてエネオスと合併するにあたって機能は変わらず、外観だけ新しく生まれ変わったものがエネキー(Enekey)です。

ではその新しく生まれたエネキーとは一体どうやって使うものなんでしょうか。
わかりやすく説明していきます。

※ Speedpassは2020年12月31日をもって使えなくなるので、まだEnekeyへの切り替えがお済でない方はお早めに。

エネキーの仕組み

エネキーの仕組み

エネキーは上の図のように、あなたの手持ちのクレジットカードとTカード(持っていれば)を登録するので、それ以降はカードを出さずに給油できるのが大きな特徴です。

新しくカードを発行する必要がなく、毎回クレジットカードを出す必要がなくなるのはありがたいですよね!

エネキー使い方

このようにセルフスタンドのタッチパネルでエネキーを当てると、登録したカードが認識されて給油を開始できる仕組みになってます。

給油だけじゃなくオイル交換、タイヤ交換、洗車、車検と色んな場面で使用できますよ。
会計はほとんど車関係なので車のキーに付けるのが一般的です。




特別優待されるカードもある

登録するクレジットカードなんですが、エネオスでの利用で特別優待が用意されているものもあります。

楽天カード=ポイント最大1.5倍

dカードポイント最大1.5倍

JALカードマイル2倍

ANAカードマイル追加

ビューカードポイント2倍

などなど、カード選びに迷っちゃいますね!

結局どのカードで登録すべきか

その場の値引き率で選ぶなら


間違いなく

ENEOSカード

ですね。
その人に合わせた3タイプのカードが用意されています。
登録はこちら↓



無難にポイントを貯めるなら


こちらは年会費が永年無料の楽天カードはいかがでしょう。

発行&利用で大量の初期ポイントがもらえることでも有名です。
登録はこちら

Tカードとの連携

エネキーにはクレジットカードと別でTカードも登録できます。
200円につき1ポイントずつ貯まる仕組みになっているので登録しない手はないでしょう。

しかしENEOSカード含め上に書いた特別優待されているクレジットカードの場合はTカードの登録ができません。

さすがにそこまでおいしい話ではないみたいですね。
登録するタイミングでTカードを持っていなければ店舗でそのまま発行することもできます。

わざわざエネキーを登録するメリットは?

理由は2つ

給油が楽になる。

燃料が安くなる。

この2つですね。

わざわざ財布からカードを出して給油が終わったらまたしまうって意外と面倒です。
その点エネキーなら1発パネルに当ててすぐ給油ですからねぇ、とても楽ですよ。

エネキー利用による燃料の値引き額は各店舗によって違います。
リッター1~2円引きの店舗が多いですが、私が普段利用させてもらっている店舗は3円引きです。

さらにメールアドレスを登録するとトクタスからお得なクーポンがもらえる店舗もあります。ご参考までに。

特別優待されているカードの場合はそれもメリットになるでしょう。

登録・発行するなら店舗が早い

ネットでもスピードパスからの切り替えのみ登録・発行は可能ですが届くまでに時間がかかります。
それに比べて店舗だとその場で作ってもらえるのでとても早い。

今はエネキーが利用開始になって間もないのでゴリゴリに勧めている時期です。
わざわざこちらから行かなくてもセルフ店の店員さんならエネキーの話をしてくると思うので、それに乗っかればOKです。
逆に来なければ店内に入って「エネキー作れますか?」と聞けばいいと思います。

詳しい登録方法はこちらをご覧ください。

所要時間

発行にかかる時間はSpeedpassからの切り替えで1分から2分くらいですね。
免許証と元々登録してあるカードが必要になります。

すでに発行済みで登録してあるカードを変更したい場合は店舗で1分もかかりません。
新規で作る場合は5分くらいかかります。
免許証と登録したいクレジットカードを持って行きましょう。




利用可能な店舗

残念ながらここまで推してきたエネキーですが、基本はセルフ店のみとなっており全てのエネオスで使えるわけではありません。

エネキーのデメリット

ようやくデメリットまで辿り着きました。さっそく紹介していきましょう。

【金具がとれやすい、壊れやすい】

本体をぶら下げている金具の部分が結構壊れやすいそうです。
あんまり雑な扱いはしない方がいいかもしれませんね。

【失くしやすい(盗難補償付き)】


これはSpeedpassでもそうですが、本体が小さいので失くしやすいです。
発行したらすぐに車のキーなどに括り付けることを強くお勧めします。
万が一紛失した場合は不正利用される可能性もあるので、ヘルプデスクに電話して退会手続きを取ってください。

※不正利用に対しては補償がついています。
内容については登録時によく確認して下さい。
エネキー(Enekey)を紛失したときに取るべき3つの行動。

こんにちはGOEです! 2019年7月からエネオスが導入したエネキーは簡単スピーディな決済方法が売りとなっています。 ガソリンスタンドにて端末をタッチパネルに触 ...

続きを見る


登録、切り替えができないカードもある

店舗で登録、切り替えをしようとしたがエラーがでて出来なかったという声もありました。
特典がもらえるはずだったのに残念ですよね。

そうなった場合はエネキー特設サイトからネットで切り替えを行ったほうがいいです。
もしくはカードをエラーがでない別のものにしてそのまま店舗で新規登録するかの二択になります。
※デビットカードはエネキー登録できないので他のカードをご用意ください。

まとめ

導入されてまだ間もないエネキーですが、今後は使える幅が広がると私は思っています。

だって便利じゃないですか!

紹介したデメリットを考慮したとしても登録する価値ありです。




-生活

© 2020 GOELIFE Powered by AFFINGER5