海釣り

海釣り初心者を手ぶらでは帰らせない!

よく地元に帰ったら海釣りをするんですが、たまにしか帰らないとどうもその海の状況がつかめないんですよね…

まぁこれは言い訳ですね、正直に言うと釣れないことが多いです、私。笑

今回は釣り初心者の方で魚が思うように釣れない、寒い、または暑いから帰ろう…ってなっちゃう方のために手ぶらで帰らないための魚以外の収穫方法を教えちゃいます!

釣れない時は釣れない

いくら粘ってもエサを定期的に変えても釣れないときって釣れないんですよねぇ。

それじゃー仕掛けを変えて簡単に釣れそうな魚を狙ってみよう!

はい、これもなかなか上手く行ってくれません。

そういうときって以外と多いんですよ…

もちろんポイントにもよりますが、スレてしまっている場所ではありがちなことです。

そういった状況の中で少しでも収穫を得るためいくつかの手段を書いてみますね。

①サビキなら大丈夫?

釣りの中で1番手軽に釣果を出すことができるのがサビキ釣りだと思います。

サビキ釣りはたくさんの針が付いていて、海にコマセというエサを巻きその中に針を隠すことで魚に食わせる釣り方です。

コマセはかなり集魚力のあるエサなので、最悪なコンディションでもない限り簡単に釣れちゃいます。

注意しなくてはいけないのが、針が多いため誤って指に刺したりしないようにすることです。

②エサと釣り方を変えてみる

サビキ以外で釣り方を変えるならばちょい投げか穴釣りですね。

ちょい投げは針が2~3針あって、その針にイソメやジャリメを付けて遠投し、そのまましばらく待つ釣り方です。

キスを狙う場合は放置せず、アリが歩くようなスピードでゆっくり巻きます。

穴釣りは1本の針にエサを付けて、テトラポットの隙間などに落としていく釣り方です。

テトラポットの隙間には美味しい根魚が住んでいるので、当たりの穴を見つけるまで探し続けます。

かなりフットワークが必要な釣り方なので、動きやすい格好が望ましいですね。

この時のエサなんですが、イソメやジャリメやエビなんかでもOKです。

しかし、1番いいのは現地の釣り場で取れたエサです。

その辺に張り付いている貝などを割って中身を針に付けて落とせば効果は抜群ですよ!

[adchord]
③テトラポットは食料庫

釣り方を変えてもエサを変えても釣れない、そんときは諦めましょう。

帰るのではなく、魚を釣るのを諦めるのです。

ではどうするのか?

テトラポットのある場所に移動して海面に浸るか浸らないかくらいの場所を見てみましょう。

そうすると色々な貝が張り付いてると思います。中でも、マツバガイとカメノテはものすごく美味しい貝なので是非とも収穫して欲しいです。

油断してるマツバガイ

まずはマツバガイの取り方から説明していきますね。

特徴は貝殻が1枚の1枚貝というところです。

松の葉を並べたような模様で、傘みたいな形をしてテトラポットなどに張り付いています。

基本に触ったりしなければ油断しているので小さな石などでズラすようなイメージで叩くとポロッと取れます。

あまり強く正面から叩くと割れてしまいますので、叩くときは弱めに斜め横からにしましょう。

このとき左手は添えるだけ…失礼。

もう片方の手で貝が海に落ちて行かないように拾う準備をしておきましょう。

両手を使うので海に落下しないよう足場をしっかり確保する必要があります。

ライフジャケットの着用は必須です。

いつでもどこでも頑丈カメノテ

マツバガイはテトラポットの平面に張り付いてますが、それに比べてカメノテはテトラポットどうしが重なっている部分に生息していることが多いです。

見た目は完全に亀の手です笑笑

見つければすぐにわかります、と同時に笑えます。

これがかなり厄介でして、マイナスドライバーのようなこじ開ける道具が必要です。

根元から遠慮なくガッツリテコの原理でこじ開けましょう。

最高のおつまみ

持ち帰ったマツバガイとカメノテはそれぞれよく洗います。

マツバガイは身を上にして醤油、好みでニンニク等をかけてグリルで焼きます。

カメノテは塩茹が最高です。

どちらも酒のつまみには最高の食材です。

どうでしたか?手ぶらで帰っていた頃がもったいなく感じますよね。

海には食材がたくさんあります。

漁協組合が禁止していないポイントであなたなりに探検し、あなただけのボウズ逃れ方法を見つけてみてはいかかでしょう?




-海釣り

© 2020 GOELIFE Powered by AFFINGER5