海釣り

シーバス釣ったらこれ!みなんがやってる数種類のシーバス料理

こんにちはGOEです!

今回はみんな大好きシーバス(スズキ)の料理について書いていきます。

シーバスとはスズキのことで、成長するにつれて呼び方がセイゴ→フッコ→スズキと変わっていく出世魚というやつです。

釣りでGETした方やスーパーで購入した方にも見ていただけるよう色んな料理を集めました!

シーバスとスズキは同じ魚ですが、ルアーフィッシングでの呼び方がシーバスというのが一般的です。

かなりパワーのある魚で、その強さはルアーフィッシングを楽しむ多くの人に愛されていますね。

身質の特徴

シーバスは淡白に透き通った白い身をしているのが特徴。

味も良く和洋ともに色々な料理に使われています。

骨も良い出汁がとれるのであら汁にすることが多いです。

旬は夏期ですが、冬場の産卵前も脂がのっていて美味しい魚です。

そんなシーバスですが実際どのようにしてみなさんは食べているのでしょうか。

色々な料理で食べよう

それではさっそく、たくさんの方が作っているシーバスの料理を紹介していきます。

それぞれの料理の手順などは下にリンクを貼っておきますので、よければ参考にしてください。

 酒蒸し 

スズキの上品な味を活かす料理としてはかなり有力ではないでしょうか?

身崩れしにくい魚なので形もよく出来上がります。

Cpicon セイゴの酒蒸し キノコと一緒に by *♪kimimi*♪

 シャブシャブ 

これには私も驚きました。

ブリは定番ですがまさかスズキをシャブシャブにして食べるとは…

厚く切るとなお良いとのことです。

シャブシャブしたらポン酢でいただきましょう。

Cpicon 鱸(スズキ)のシャブシャブ by comet

 洗い 

スズキの刺身と言ったら洗いでしょう。

切り身を氷に付けて締める食べ方で、食感がコリコリしてとても美味しいです。

しかし洗いにするのであれば新鮮なものがいいですね。

釣って帰ったその日のうちに洗いにして食べましょう。

Cpicon 旬!スズキの洗い! by てりー67

 ムニエル 

こちらは定場ですね。

バターの香りとスズキの油がとても良くマッチして美味しいです。

身崩れしにくいスズキはムニエルも失敗しなさそうですね。

Cpicon スズキのムニエル☆トマトソース添え by hanaemam

 フライ 

フライも定番ですね。

タルタルソースで食べる方が多いみたいです。

Cpicon スズキ☆白身魚のフライ☆タルタルソース by 魚釣り大好き

 煮付け/塩焼き 

煮付けにはアラもいっしょに入れてしまいましょう。

塩焼きも旬の時期なら是非やっておきたい料理の一つ。

油がのったスズキの塩焼きは絶品です。

Cpicon スズキのカブト焼き by 明石浦漁業協同組合

どうでしょう。

「これはやったことないなぁ…」なんて料理があったのではないでしょうか?

シーバスは大きい個体もあるので消費するのに料理のレパートリーが多いにこしたことはないですよね。

ちなみに私は頭を真っ二つに割ったカブト焼きがとても好きです。

油がのったほほ肉がポロッと取れ、それを口に運べばそこはもう別世界への入り口。

シーバスが釣れたら是非、頭を捨てずにカブト焼きを試して頂きたい。

まとめ

色々な料理があって迷ってしまいますね…

もし私があなただったら夏に釣れたら刺身、それ以外なら加熱料理にします。

せっかく旬の魚が目の前にあるのにまず刺身を試さない手はないですからね!

それと50cm~60cm以上のシーバスを手に入れたらこれも加熱料理がいいですね。

あまり大きくなりすぎると臭い確率が高いらしいので…

私もそんなサイズ釣ってみたいものです。




-海釣り

© 2020 GOELIFE Powered by AFFINGER5