生活

朝バナナダイエットで得られる効果は?やり方と注意点も紹介!

こんにちは。

突然ですが、ダイエットしたいと思ってもすぐに実行できないのは、ダイエット=辛いというイメージがあるからではないでしょうか?

今回はそんなイメージをババッと塗りかえてしまうダイエット「朝バナナダイエット」を紹介します。

朝バナナダイエットは無理なく簡単に取り入れることができるダイエット法であり、女性には嬉しい効果もたくさん。
明日からでも始められます。

この記事を読んだあなたは、帰り道にスーパーでバナナを買って帰ることでしょう。

 

「朝バナナダイエット」のやり方

  1. 朝食にバナナを1〜2本食べる
  2. 常温の水を飲む
  3. 昼、夜ご飯はいつも通りに食べる

たったこれだけです。
ダイエットが苦痛だと思っていた方、もう一度言いますよ。
たったこれだけなんです。
そして、よく噛むことが大切です。

日頃から朝食をしっかり摂っている方は、バナナを2本食べたくらいでは物足りなくなるでしょう。
しかし他のものを食べてしまっては、せっかくのダイエットが台無しに。

少しでも満腹感を得るためには、しっかりと噛むことが大切なのです。
何回も噛むことにより、満腹中枢が刺激されるので、バナナ以外のものを食べたいという気持ちを抑えることができます。

 

「朝バナナダイエット」の効果

バナナそのものには、人間の体に欲しい要素がバランスよく含まれています。
バナナを食べれば、きっとあなたの生活に沢山のメリットを運んでくれることでしょう。

その中でもより多く含まれているカリウム、ビタミンb群、マグネシウムについて、体にもたらすメリットをそれぞれ紹介していきます。

カリウム
摂りすぎた塩分(ナトリウム)を体の外に排出するので、むくみ解消、血圧抑制の効果が得られます。
むくみは太って見えるのでこれはありがたい効果ですね!

ビタミンb群
ビタミンは美容に良いとされているため、女性にはとても嬉しい効果ではないでしょうか。
またこれらは体の代謝を助け、神経の働きを正常に保ちます。
仕事でストレスを溜めがちな方にもぴったりですね。

マグネシウム
「イライラにはカルシウム」という印象が強いと思いますが、実はマグネシウムの摂取も大切なんです。
それは、マグネシウムが足りないとドーパミンが不足し、ストレスを感じやすくなるためです。
また、マグネシウムにも血圧を抑制する効果があるため、血圧が高めの方にもバナナは味方になってくれそうですね。

これらの栄養素以外にも、バナナは食物繊維を豊富に含んでいるため、便通の改善効果も期待できます。

 

「朝バナナダイエット」は腹持ちが良くない?

バナナの腹持ちはよくありません。

これは、実際に試した人でないとわかりませんが、バナナは良くも悪くも消化スピードが早いため、食べてもすぐにお腹が減ります。

スポーツ選手が大会中、あえてバナナを食べるのは、スピーディーに栄養補給をするためです。
朝から栄養を補給し、しっかり動くことができる反面、お昼まで我慢できなくなるというデメリットも考慮したほうが良いでしょう。

朝食から昼食までの時間は、せいぜい4時間前後に留めることをお勧めします。

 

「朝バナナダイエット」の注意点

さて、こんな簡単な朝バナナダイエットに注意点など存在するのか、と思っていませんか?
しっかりありますよ。

最大の注意点はリバウンドです。

朝バナナダイエットは体を動かして痩せているわけではなく、簡単に私生活に組み込むことができる反面、朝バナナダイエットをやめれば徐々にリバウンドしてしまいます。

なので、「この時期だけ痩せたい!」
だけど「無理はしたくない」
と言う方にはぴったりなダイエット法といえますが、長い目で見てスタイルを良くしたいと考えている方には不向きなダイエット法です。

 

まとめ

いかがでしたか?
朝バナナダイエットは簡単に始められるダイエット法でした。
しかし、継続をやめてしまえばリバウンドは避けられません。
長い目で見て「痩せたい」という気持ちがあるのであれば、有酸素運動などのメニューをこなすことをお勧めします。




-生活

© 2021 GOELIFE Powered by AFFINGER5