カーライフ

ネットのタイヤが安い理由と知っておくべきデメリット。

こんにちはGOEです!

車を乗っている方には遅かれ早かれ必ず訪れるタイヤの交換時期というものがありますよね。

こんな疑問を抱いたことはありませんか?

なぜネットのタイヤはあんなに安いのか

なぜ実店舗はネットに比べて高いのか

答えは大量仕入れと品質にあります。

今回はその辺を説明しつつ、ネットで買う際に必ず理解しておかなくてはならないデメリットも紹介していきます。

どうぞ、最後までお付き合い下さい。



ネットのタイヤが安い理由

大量仕入れで単価が低い

タイヤを激安な値段で販売している会社はメーカーから大量に仕入れることによって1本あたりの仕入れ単価を低くしています。

例えばの話ですが

A社はあるタイヤを50本仕入れました。

B社は同じものを150本仕入れました。

メーカーは製造に1本あたり5000円かかるそのタイヤをA社に単価10000円で売りました。

しかしB社には150本買うから単価を8000円にして下さいと言われます。

するとメーカーが両者から得る利益はこうなります。

A社からの利益は25万円

B社からの利益は45万円

B社のほうが単価は8000円と低くなってしまいましたが、メーカー側からしてみれば買ってくれる本数が多いので利益は高いですね。

こうしてメーカーから安く仕入れることに成功したB社他の店より安く売ることが可能になるということです。

訳ありのタイヤ

安さの理由は他にもあります。

そもそも売れ残った古いタイヤの可能性だったり何かしらの訳あり商品だったり。

大型店舗が大量に仕入れるタイヤには当然売れ残る物もあります。そういった商品はメーカーに返品されることが多いのです。

それをメーカーはどうするかというと捨てるのではなく安い価格で他の業者に販売します。

それもそう古いとはいえまだ使えるタイヤですからね。原価を割ったとしてもそこに買い手があるなら売りたい所でしょう。

しかしタイヤも言ってしまえばゴムなので徐々に劣化して固くなります。

ネットで買う場合はそういった古いタイヤが来る可能性も理解しておいたほうがよさそうですね。

ネットのタイヤのデメリットは?

メリットを先に言ってしまえば「安い」この一言に尽きるのではないでしょうか?

しかしそれに対してデメリットはどんなものがあるのでしょうか?

タイヤサイズの指定

ネットで注文するにはまず自分の車についてるタイヤサイズを知る必要があります。

タイヤの側面に書いてある下の画像のような数字ですね。

タイヤサイズ 表記

タイヤだけならこの数字で十分ですがホイールもセットとなるとさらに必要な数字が出てくるので正直言って面倒です。

間違えてそのまま取り付けると大事故につながりかねないので、十分に注意する必要があります。

ちなみに実店舗でホイールを発注する場合は車検証などを利用して店員さんが調べてくれますよ。

割高な工賃

タイヤを買った場合は当然どこかしらの店舗に持ち込んで自分の車に組み付けてもらう必要があります。

しかしその場合通常の工賃より割高の場合が多いです。

店からしてみたらタイヤでの利益がないぶん工賃で補うという考えなのでしょう。

破損のリスク

持ちこんだタイヤになにかしらの問題があり組み付け中に破損した場合はトラブルになりかねません。

そもそも持ち込みタイヤは普段お店側が扱っている品よりも質が低いということは皆知っています。

そういうった商品の組み付けをする場合に工場側は一切責任を負わないパターンが多いです。

しかしこの問題は下で紹介している「新しいサービス」で解決することが可能です!

新しい便利なサービスが誕生

タイヤは安く買いたいけどその後の交換作業をしてくれる業者を探すのは面倒という方にぴったりなサービスがあります。

TIREHOOD

(タイヤフッド) という名前で、サイトにアクセスしたらタイヤサイズ等を入力してお好きなタイヤを購入。

その後は加盟している店舗の中から実際に交換作業をしてほしい店舗を指定して予約するだけです。

タイヤは直接整備工場やガソスタに送られるのでかなり楽になります。

しかも全商品にパンク保障がついてるのは正直驚きです。サポート面は信頼できますね。

この機会に試してみてはいかがでしょう?



実際にタイヤフッドで買った人の声

まとめ

ネットで買う場合は多少のリスクを覚悟したほうがよさそうです。

比べて割高な実店舗で買えばネットより安心して過ごせそうですね。

きっとその後のアドバイスや対応も丁寧にしてくれるでしょう。

安さか信頼度どちらを取るかという話ですが、ネットで安く買えて全然古くないタイヤが届いて何事もなく取り付けられたら1番最高ですよね。

私個人としては少しでも不安があるのなら実店舗かTIREHOODを利用することをお勧めします。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。



あわせて読みたい


3分でわかる!タイヤの交換時期と安全性の確保。

こんにちはGOEです!GOE みなさんご自身の車に付いているタイヤが訴える「もう限界です!」のサインを見落としてはいませんか? 思わぬハプニングや重大な事故を起 ...

続きを見る


2019年国産タイヤ値上げと消費増税のWパンチ

こんにちはGOEです! タイヤの値上げがまたやってきました… 国産のタイヤは2019年8月1日に一斉に平均3%値上げすることになります。 今回はそれだけじゃあり ...

続きを見る


思わぬパンク!交換か修理かあなたはどっち?

こんにちはGOEです! 突然ですが車のタイヤがパンクしたことはありますか? 私は走行中タイヤに異物が刺さりその数分後に異物が抜け、それによりハンドルを取られとて ...

続きを見る




-カーライフ

© 2020 GOELIFE Powered by AFFINGER5